蛇口交換で水トラブルを防ごう【ポタポタ水漏れ緊急回避】

水の貯水タンク

作業員

トイレタンクにはたくさんの水が蓄えられているため、早急に対処しなければ大量の水の無駄使いとなってしまいます。トイレの床が濡れている場合には、タンクとパイプの接合部分もしくは水道栓とタンクの接合部分から水漏れが起こっている可能性が高いです。また、タンクの外からの水漏れと違い、タンクの中で水漏れが起こることもあるのです。タンク内のパーツに何らかの問題があるため、水が流れ続けます。トイレタンクの水漏れを止めるには、水道の元栓を締めると良いです。タンクの外で水漏れが起きている時は、劣化部分を交換したりパーツをしっかり締め直してみます。これだけで解決してしまうこともあるので、焦らずに対処することが大切です。タンクの中で水漏れが起きている時は、タンクの中を確認します。パーツを元の位置に戻したり、劣化したパーツを取り替えることで解決することもあるのです。どのパターンでも、自分では対処できないと思ったらすぐに業者に連絡します。直すつもりで触ったはずが、逆にトイレ水漏れを悪化させてしまうこともあるため、無理をしてはいけません。

便器に問題が起きてしまうとトイレそのものが使えなくなるため、トイレ水漏れのパターンの中でも便器のトラブルは厄介なものであると言えます。トイレタンクと便器の結合部分から水漏れが起こっている場合は、各パーツを確認したり新しいものと交換することで解決できることがあるのです。しかし、便器自体に問題があるケースも考えられます。これは、便器をぶつけてしまいヒビが入ってしまったことなどで起こります。ヒビの他にも劣化が原因の場合もあるのです。まずはどこに原因があるのかをしっかり確認します。便器内をタオルなどで吹くと、水漏れしてるところが濡れてくるので見つけやすいです。便器だけではなく、その周りもしっかり確認して原因箇所を突き止めます。便器に問題があった場合は、水道の元栓を締めてから業者に連絡を入れます。しかし、便器にヒビ割れがあった場合には、新しい便器と交換が必要です。毎日使用するものなので、早急に対処できるようにします。